2013年11月30日

はじめての自分史を、お届けできました!

原発事故の後、もともと住んでいた南相馬市の小高から、避難を余儀なくされ、

現在は、南相馬市の鹿島区の仮設住宅にお住いになっている、大井 守さん。

『3月10日』制作室として、はじめての、製本された自分史をお渡しすることができました。

IMG_9438.JPG

プロジェクトとしての、はじめての自分史づくりということで、

手探りの中での制作作業にも関わらず、大井さんは、たくさんのご自身の人生のお話をきかせてくださり、

制作にお付き合いくださいました。

「これが、自分の人生の本なんだな。なんだか、身震いがするようです。」

IMG_9442.JPG

出来上がったばかりの、自分史を手にされて、

感慨深そうに、ページを捲っていらっしゃいました。


この自分史が、大井さんのお子さんや、お孫さん、そしてさらに未来の世代へと、

いのちの物語として、届けられていきますように!


大井さんの、嬉しそうなお顔を拝見して、

この活動を、どんどん進めていきたいと、改めて、想いが高まりました。

きっと、自分史制作を必要とされている方が、いらっしゃる。

その方に、是非、出逢って、一緒に自分史を紡いでいきたいとおもいます。

--------------------------------------------------------------------------------------------
『3月10日』制作室の活動を一緒に進めていきたい、と思われる方は、
info@20110310.org  まで、ぜひご一報ください!

活動資金へのご協力もよろしくお願いします!
<『3月10日』制作室 口座>
ゆうちょ銀行:記号18130 番号24550271
ゆうちょ以外:ゆうちょ銀行店名 八一八(ハチイチハチ)店番818
口座番号2455027 口座名 『3月10日』制作室

facebookページ https://www.facebook.com/20110310seisakushitu

posted by 『3月10日』制作室 at 16:01| Comment(0) | 南相馬市小高区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

8月南相馬鹿島区訪問 ―夕焼けがとても美しかった―

南相馬市小高区は、福島第一原子力発電所から20q圏内で、現在は、避難指示解除準備区域に指定されています。小高区内に立ち入ることはできますが、特別な許可がない限り宿泊はできません。

小高区に住んでいらっしゃった方は、南相馬市の鹿島区の仮設住宅に避難している方もいらっしゃり、制作室ではこの4月から鹿島区内の仮設住宅に避難されている方を訪問して、一緒に自分史を紡ぎ始めています。

IMG_8649.JPG

現在は、聞き書きを中心に自分史制作をすすめています。
震災当時の写真や、家族の思い出がつまった品などと一緒にお話をうかがいます。


IMG_8647.JPG

今回訪問した方は、震災のことを忘れさせてはいけない、と周りの方によびかけて、震災の時は何をしていたか、どのように避難したかなどをまとめた冊子を「不忘」として創りあげました。
被災地を訪れると、この震災を忘れないためにどうしたらいいか、できることをやってみようという取り組みに出逢うことができます。
時代が流れれば、いろんなことは闇の中に消えていってしまいます。
自分史を通じて、未来世代になにが遺せるのか、という試みが『3月10日』制作室のとりくみです。

今回は、石川県からカメラマンの赤土俊介さんも来てくださいました。
http://ameblo.jp/equaleleven/
お話をうかがうだけでなく、写真を撮ることを通じて、いきいきした自分史を育むことが出来る予感がしました。
IMG_8650.JPG

訪問を終えたあと、仮設住宅の集会場を出ると、ほんとうに美しい夕焼けでした。
IMG_8652.JPG

一緒に夕日をみえていると「震災直後は、綺麗なものも綺麗と思えなかった。桜を見ても綺麗とおもえなかった。ひさしぶりに綺麗だな!と感じたようにおもいます」とおっしゃった言葉が心に遺りました。

次回は、9月15日〜17日に南相馬を訪問する予定です。
自分史制作を通じて、あたたかい人の輪をつくっていきます。

-----------------------------------------------------------------------
『3月10日』制作室の活動を一緒に進めていきたい、と思われる方は、
ぜひご一報ください!
info@20110310.org 活動資金へのご協力もよろしくお願いします!

<『3月10日』制作室 口座>
ゆうちょ銀行:記号18130 番号24550271
ゆうちょ以外:ゆうちょ銀行店名 八一八(ハチイチハチ)店番818
口座番号2455027 口座名 『3月10日』制作室

facebookページ https://www.facebook.com/20110310seisakushitu
posted by 『3月10日』制作室 at 19:39| Comment(0) | 南相馬市小高区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

田中徳雲さんとの出会い

人との出会いは、新しい大きな可能性を産み出すものです。
そのような出会いは、本当にうれしく、人生を変えていきます。

東日本大震災とそれに続く、福島第一原発爆発事故。
このような未曾有の状況の中で、南相馬小高区にある同慶寺の住職・田中徳雲さんにお会いできたことが、『3月10日』制作室にとって、とても重要な出来事でした。

福島第一原発から約16qの地点に位置する同慶寺は、
歴代の相馬藩主が菩提寺としてきた、曹洞宗のお寺です。
住職の田中徳雲さんは、若く、精悍で、社会の諸問題にも目をそらさず行動をされる御坊様です。

IMG_7403.JPG

「自分史を次世代のために、伝えのこすために、お寺や神社で保存できないだろうか」という考えが、プロジェクトの準備段階から私たちの中にはありました。
そのために、最初の一歩を踏み出して頂ける、適任の方はいらっしゃらないか。
その時に、2012年の11月に、アメリカの先住民・ネイティブアメリカンの精神的リーダーであるデニス・バンクス氏を南相馬にお迎えし、セレモニーを行われた、田中徳雲さんを思い出したのです。

「このはじめの一歩、田中徳雲さんなら、踏み出してくださるかもしれない。」

そのような想いで、2012年の年の瀬迫る12月30日 南相馬・同慶寺を訪問させていただきました。

「まず、私が書きましょう。」
徳雲さんのその一言がとても嬉しかった。

徳雲さんは、南相馬での世話役を引き受けて下さり、お寺の檀家さんにも「自分史を書きのこしませんか」というよびかけをしてくださっています。

徳雲さんの自分史は、同慶寺の寺報に連載がはじまりました。

自分史を次世代に書きのこすこと。それが、書きのこす本人にとっても、
伝えられた子孫にとっても、かけがえのない「宝物」となる。

これからの『3月10日』制作室の発展を、長い時間をかけて、徳雲さんと一緒に進めて、見守っていきたいと思います。

P4150395.JPG

<制作室の活動に参加する>
原稿作成のお手伝い・聞き書きサポーター募集!(活動場所 石巻・南相馬など)

<制作室の活動資金に協力する>
ゆうちょ銀行:記号18130 番号24550271
ゆうちょ以外:ゆうちょ銀行店名 八一八(ハチイチハチ)店番818
口座番号2455027 口座名 『3月10日』制作室
posted by 『3月10日』制作室 at 11:12| Comment(0) | 南相馬市小高区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。